なかなか思い出せなかったのが「上信越の山々」という言葉だった。「たまたま写真展会場近くで打ち合わせがあったから帰りに覗いてきたよ!」と声をかけられて、写真の一枚一枚の感想をお話いただいた時に、もう少し詳しく説明しようとして、三枚目の写真の地域が「上信越の山々」にあたると説明したかったのにその言葉が思い浮かばなくて、ショックだったというか愕然としてしまった。それまでは簡単に思い浮かべられていたのにだ。今も昔もそれほど記憶力に自信がある訳でもないし、最近急に悪くなったとも思わないけど、失念したというべきかもしれないなー。感想を聞いていて気持ちが良くなったのもあった。褒められることなど余りないからつい嬉しくなってしまう。叱られることばかりが続いていると自然と身構えてしまい相手の話を疑わしく思う訳だけど、そういう癖がついているけど、苦労した作品を褒められるとつい相貌まで崩れてしまうから、頭の中までグズグズになってしまうのだろうな。逆に言えば、あーしろこうしろって言われるのがとても煩く思えてしまう。分かっているのに分からないのかと言われるのも同様だ。要するにへそ曲がりで頑固なのかもしれない。困ったもんだ。

山岳写真同人「峰」の第30回展示会が前橋市民文化会館大展示場で開催されて、私は3枚の写真を展示しています。初日の開場から1時間足らずで50名を越す来場者があって大変な盛況ぶり。例年どおりの賑わいだとすると、4日間の会期中に1000名を超えるお客様をお迎えすることになる。明日明後日は会場で接遇に当たりたいと考えています。お客様の反応を見て今後どのようなことを企画したら良いのかも考えていけたら良いかなと思っている。たとえば、新規会員募集とか写真教室とかに役に立てるような。自分はたくさんの子どもたちに見てもらいたい思いがあるし、子どもたちと一緒にワークショップをしてみたい気がする。身体の不自由な年寄りにも見てもらいたい。会場に来ていただく企画があってもいいかもしれない。お気に入りの写真をレンタルするのもありかも。お買い上げいただければそれに越したことはないと。そんな思いを持ちながら写真の説明をしたいと思っています。

DSC_1587

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 3現在の記事:
  • 128692総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
  • 37昨日の閲覧数:
  • 269先週の閲覧数:
  • 14月別閲覧数:
  • 98215総訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 33昨日の訪問者数:
  • 222先週の訪問者数:
  • 13月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: