仕事を段取り良く切りを付けて昼に事務所を飛び出した。一時間半の車窓には遅い秋の風景が流れていく。途中で弁当を頬張ろうと赤信号を待っているのになかなか信号で止まらない。いつものことなら運が良いと言う筈なんだけど、余りにもスムーズに進むのを残念に思ったり。倉渕村に入ったら信号機すらなくて止まろうとするには自分で決めない限りは止まらない。走りながらでも何とか食べ終えて歯磨きをして山道から国道に合流したところで、道路工事の信号待ちをしている先頭の車がA氏だったので、会場の場所や入り口が分からない自分としてはホッとしたのもつかの間、あっという間に先を行く人になってしまって、今年の春先の白砂山の時も、チャツボミゴケの時も、根広尾根の時も、どんどん先行していく様と酷似していたようなことが思い出された。目の前に一台軽トラが制限速度少し超えたくらいで走っているので抜くにも抜けずにいたら、同じ会場に入っていったので同好の士かとビックリ。3階の会場に飛び込んだらちょうど話が始まるところ。ふー。

自分のできることについて思いをめぐらせながら活動状況の報告を聞いていた。自分のようなあとから参加したものが全体の流れに追いついていくことは難しいんだなと思ったり、新しいうねりのようなものを起そうとしている割には集まっている方々の年齢構成が高かったり。表題そのものだって良く分かっていない自分だけど、面白そうだな~という感想と大変だな~という思いとが入り混じったような複雑な味わい。自分には六合の大自然が相応しいような気がしたり、もう少し六合のことを学ばないといけないかな・・・と思ったり。勝手に思い込んでいるだけだから本当は良く分からない・・・

モンベルの冊子OUTWARDを風呂に入りながら読んでいたら木村大作の映画「春を背負って」の情報が掲載されていた。立山大汝小屋が舞台になっているらしいのでひどく懐かしく感じたり、来年6月の上映が待ち遠しい気がした一方で、それまでに原作を読んでおきたいので、図書館で探してみようかと思った。

 

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 6現在の記事:
  • 132906総閲覧数:
  • 18今日の閲覧数:
  • 32昨日の閲覧数:
  • 268先週の閲覧数:
  • 130月別閲覧数:
  • 101469総訪問者数:
  • 15今日の訪問者数:
  • 21昨日の訪問者数:
  • 207先週の訪問者数:
  • 104月別訪問者数:
  • 27一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: