http://yamaame.com/pdfaroundnozori131130.pdf この企画に申し込みました。穏やかな小春日和も今日まで。明日は今日よりも5~10度気温が下がるという予報が出ているから、野反湖周辺の山々では新雪が期待できそうだ。今年もいよいよ始まるなぁ~とワクワクしてしまう。A氏から保険加入の確認があったので明日まで回答を保留しておき、たまたま契約の更改に出かけた保険屋で、少々危険を伴ったアウトドアスポーツに関する保険を扱っているか確認したところ、確か昔販売したことがあるよ!と友達の社長が話したけど、問い合わせ先の東海さんには既にこの種の保険は中止して久しいとのこと。今回の真砂岳の雪崩遭難の犠牲者がみな保険に加入していたなら保険会社は大打撃を受けただろうから、そういうリスクを考えると保険を扱わないとした方針は賢明なのかもしれない。今回はA氏の案内する保険にお世話になろうと思うけど、今後のフィールドワークのことを考えるときちんとした保険に入っておく必要があるかもしれない。自分で調べた範囲ではモンベル社がこの手の保険を用意していて、中には5年間まとめて支払うと安くなるのもあった。http://hoken.montbell.jp/about/activity.php なかなか良いみたいだからもう少し探してみようと思う。それにしても真砂岳の斜面の美しいこと。吸い寄せられるような危険な香りが漂っている。(A氏の写真を引用しました。)

今日は待ちに待った本がゆうメールで手元に届いたのでとても嬉しい。写真の、風雪三十年-吾妻郡社会史-である。今月3日、六合小雨の友人宅で見せてもらってからずっと手元におきたいと思って古本屋等で探していた。ネットオークションに掲載されているのを発見、なんとしても落札しようとそれはそれは夢中になって、予算額よりも多くなってしまったけれど粘り勝ちした代物。さっそく開いてみて「野反湖」p13-p19に目を通すと、どじょう小屋で投宿した様子が書かれている。野反池当時の写真も掲載されている。なかなか面白そうなので明日から鞄に入れて持ち歩こうと決めた。旧六合村をはじめとした吾妻地区について勉強しておきたい気持ちになっている。ちょうど良い本が手に入ったので満足している。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 6現在の記事:
  • 127311総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 296先週の閲覧数:
  • 1148月別閲覧数:
  • 97121総訪問者数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 217先週の訪問者数:
  • 848月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: