DSC_1396

仕事を早めに切り上げてお祝いを届けに出かけた。届けたものは「越の寒梅」の大吟醸。今までの自分の人生で3回しか飲んでいない高級な酒だけど、それに相応しい資格取得をしたのだからと思って、喜んで進呈することにした。喜ぶ顔をみたら自分も飲みたくなってしまい、帰宅して風呂上りに赤ワインを飲んで日本酒に切り替えたところ。このガラスのコップが自分がお気に入りで、飛騨高山に出かけた時のお土産にしたワンカップの空き瓶だけど、随分昔のことなので長持ちしているなぁと思ったり。というか自分は上品な徳利とかお猪口で酒を飲んでも余り美味いと感じたことがなく、だいたいがコップ酒だけど、このさるぼぼのコップが特に気に入っているのは見ての通り可愛らしくデザインされているからだ。今日はお祝いを受け取ってもらって良かった。

図書館に予約してひと月が経過した時点でまだ3人目なので、待っているのもどうかと考えていたところ。たまたま入った書店で見つけてしまったので立ち読みでなんとかしようかと思ったけれど、結局のところ購入することにした。読み始めたら実に面白い。今読んでいるところはTVの映像で一部を見たような記憶がある。なんだか面白そうな「里山資本主義」と言う本。

その他に今日は「使えるロープワーク」と言う本の中身に凄く擽られたような気持ちになっている。自分もこの本をもう少しじっくりと読んでみたいと思った。

「白玉の歯に染みとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり」 この有名な詩を読んだ人が若山牧水だったなんて、最近まで知らなかった。

あしたも頑張ろうね!

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 11現在の記事:
  • 127312総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 297先週の閲覧数:
  • 1149月別閲覧数:
  • 97122総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 218先週の訪問者数:
  • 849月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: