天気が落ち着いているし自分たちの都合も良いので、実家を訪ねて墓参りを誘ったのに、父親は今年は良いことにするから・・・と消極的だ。理由は前回墓参りした時にマムシを見たことに原因があるらしい。自分の体調の悪さもあるけどそれ以上の理由らしい。今日のような天候だと墓地に向かう坂道を上ったところの石垣にマムシがいても不思議でないから、自分が先に登って行って様子を見て来るし、いたら追っ払うから父親が歩いても大丈夫だと説得していたら、母親が昼食は何を食べるかと話し始めて、たまにはトマトラーメンを食べたいね~ということになって急に、墓参に出かけることが決まった。体調は思ったよりも悪くなく、午前中に自宅を訪問したのも理由があって、もし足のむくみが酷過ぎる様なら急いで受診することも考えていたのだけれど、昨日友達が来てくれてマッサージをしたら幾らか回復しているからと、通院の必要はなさそうなことだったので、24日の受診で対応することにした。花屋に立ち寄り、車で1時間弱の目的地:本家の家屋も廃墟同然となっている故郷へ向かった。祖父母の墓のある一区画だけ鹿避けのネットが高く張り巡らされている。いきなりキイロスズメバチが飛来してかみさんを襲おうとしたので緊張感が走るが、しばらくするとネットを飛び越えて行ってしまった。祖父母の墓の周りを手分けしてきれいにする。マムシの出そうなところへ除草剤を撒けと父親は繰り返していた。花を手向けて線香を上げて合掌。その後も車で移動しながら伯父伯母、伯父伯母、伯父のそれぞれの墓をお参りして回った。足の悪い母親は車窓から、父親は急な登り下りのあるところは歩かずに遠くからのお参りとなった。

DSC_1238

昼食は予定通り「馬鹿旨」のトマトラーメンを食べた。母親は注文する時になって急にサンマーメンを食べたいと言って変更した。時々面白いことを言うから楽しい。その後に弟の墓をお参りして帰宅。なんだか凄く疲れたような気がしたけれど、「天気が良くて良かった」「みんなで行けて良かった」と父親が話すのを聞くと誘って良かったと思った。疲れただろうから昼寝したら良いよと言ったらすぐに鼾をかいて寝ていた母親に、また火曜日に来るから!と言って辞去した。喜ぶ顔がたくさん見られたので良かったと思った。

「どうだ!」と自信たっぷりに写真を送って来たので見たら、流石だね!と思ってしまった。花を活けさせたらセンス抜群なのになかなかチャンスに巡り合えない。勿体無いなぁ~と思わない日はないくらいで、もう随分長い年月が経ってしまっている・・・。今回はビエンナーレの夜の舞台:お月見ライブ:に添える花を生けて欲しいという依頼があったらしいけど、そんな余りにも急過ぎる依頼なんか断ってしまえば良いのに、きちんと対応しなければいけない!と言う気持ちの強さがあって、朝早く飛び起きて山から花材を自分で採取して運び出してきたものを利用して作品を創ったようなもの。出来るだけお金をかけないで創るところにこだわりがあって、まるでビエンナーレの精神そのもののような気がする。予算額をそのまま貰えたら良いのにね~なんて言おうものなら何回も腕立て伏せやら腹筋をさせられることになるので、想像しただけで恐ろしいけど、決して言っていることややっていることは間違っていないんよなぁ。花から離れて忙しい生活をしているから、手が鈍るというか感性が衰えているような、きっとそんな風な思いを持って暮らしていただろうと思うけど、今日のような元気な作品が創れるのだから大丈夫だなと思ったし、自分でもきっと喜んだ顔をしているような気がするけど、どうだろうな?喜んでいる顔がみたい。BUqIbPjCQAAzY8x

 

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 11現在の記事:
  • 128853総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 298先週の閲覧数:
  • 175月別閲覧数:
  • 98337総訪問者数:
  • 11今日の訪問者数:
  • 31昨日の訪問者数:
  • 234先週の訪問者数:
  • 135月別訪問者数:
  • 32一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: