毎朝のラジオ体操が定着して3ヶ月が経過しようとしている。左脹脛の肉離れのリハビリを兼ねて7月初日から開始していたのが、今になっても続けているのはそれなりの手ごたえを感じているからと言えば言えるのかもしれない。夏の暑い盛りはラジオ体操をした後でシャワーをしてさっぱりしてから出かけていたので、それはとても気持ちの良いものだと思ったり。確かに身体には良かったようで、今では左脹脛に関しては全くの違和感を感じないまでに至っている。受傷後4ヶ月を経過したからほぼ完治と思っている。でもラジオ体操の途中で気がついた右足の裏側の不自然な腫れは現在もまだ直ったり痛んだりの繰り返しをしている。これがラジオ体操の前屈をする時に決まって痛むというもので、専門医の診察では腰からくるものだろうとのこと。体が前に倒せなくなるので調子が悪い状態かどうかは一目瞭然。左側はすんなりと前屈できても右側は膝の後ろ側から太ももの中央部位までの10cmの間で張りがある状態だけど、歩けない訳でもないし屈伸なども簡単にできる程度。軽快するものの全快には至らないけど、焦ることはないからゆっくり時間をかけてと思うようにしているところ。台風の接近する最中、家の中でゴロゴロしている時に気がついて、スロースクワットとかストレッチをしたのが効いて、今日になって予想どおりに太ももや内転筋あたりがプルプルしていて、やった!という感じがあって、これがけっこう気持ちが良い。

かみさんが夏休みの最後の一日を志賀高原で遊んで来たらしく楽しそうに話をする。もちろん同行したのは清水さん。今朝まで閉鎖していた草津志賀道路の開放に合わせて一番見晴らしの良い展望所に立てたのは羨ましい限りだ。山座同定の楽しみは地元の方から親切に説明されて良かったと。白馬連峰、雨飾山、妙高山に火打山がはっきり見えたとか。富士山かと思って見た山が八ヶ岳だったとか。ナナカマドの実が赤くなっていたのが良かったと言っていたけど、お目当てのオオヤマリンドウはきれいでなかったとか。台風の雨風が強く当たったのだとすると、今年の紅葉は塩分が付着してチリチリになってしまうかもしれないと残念に思ったり。リフトに乗り継いでひょうたん池までを散策したらしい。自分もそろそろ歩き出さないといけないなぁ~と思っているところ。お土産は竹風堂の栗強飯(おこわ)でこれが実に美味しい。DSC_1228

ガラス工芸作家の宮田高志さんから礼状が届いていて感激した。先日画廊を訪ねた際に、久しぶりに長々とお話を伺うことが出来てとても良かったので、礼状をいただけるなんてかえって恐縮してしまった。ありがたいことだと思う。次回の高崎高島屋での展示会にも必ず伺おうと思う。

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 4現在の記事:
  • 127282総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 56昨日の閲覧数:
  • 305先週の閲覧数:
  • 1119月別閲覧数:
  • 97103総訪問者数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 41昨日の訪問者数:
  • 229先週の訪問者数:
  • 830月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: