中央アルプスで韓国人ツアー客が遭難している。装備の悪さを指摘する声があったり携帯電話を持たせなかったことを云々する報道があったりすると思い出すことがある。

北穂高小屋で雨に閉じ込められて停滞を強いられた時のこと。大キレットを乗越えて30人位のパーティが雨の中を辿り着いたのを覚えている。彼らは薄い雨具を三枚重ねで着て丸くなっていたし、寒さでガタガタ震えていたのを鮮明に思い出す。小屋の中に入らずテラスの椅子に腰かけて休んでいるのだけど酷く疲れている風に見えた。日本人ならモンベルとかヘリテイジなどを着用するのが普通だし、悪天候には大キレットは危険すぎるところだというのに。装備も十分とはいえない状態で最大の難所をクリアしてくる力強さと言うか無鉄砲さは、戦後の復興時期にあったのだろうけど、僕らはスッカリ忘れてしまったような。暫くして全員が移動したかと思ったら北穂高岳山頂広場に大型のテントを張り出した。ちょうど雨上がりの山々の撮影に居合わせたところで、テントから伸ばされた細引きが足に絡みつくので迷惑をした印象だった。小屋のご主人が退去を命じたにもかかわらず、テント設営禁止の張り紙がないと執拗に抵抗していたのを見るとなるほど。でも彼らは薄暗くなった頃にテントを撤収してテン場まで移動していて、自分が朝の撮影に入った時には既に誰もいなかったから、韓国人は強行軍のツアーなんだなと。そういう猛烈なエネルギーを周りの誰も持っていないなぁと思った印象深い雨に濡れた眼差し。

IMG_5773

朝起きたら首を寝違えてしまっているのに気が付き、ある一定の角度と動作になると決まって痛いと口走るような症状。明日は少し改善していることを期待したい。

 

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 4現在の記事:
  • 138606総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 34昨日の閲覧数:
  • 274先週の閲覧数:
  • 1425月別閲覧数:
  • 105476総訪問者数:
  • 35今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 233先週の訪問者数:
  • 737月別訪問者数:
  • 28一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: