まずウルトラモバイルが欲しい。いつも借り物なので借主に迷惑をかけている。今回のような長旅になると特にそうだ。返却するにも時間がかかってしまう。自分専用PCが必要になったということかも。パソコン工房のHPを覗いてみたけど、スペックの高いものばかりなので欲しいものとは違う気がして、タブレットならどうかと思って覗いたら既に売り切れだった。悩むのはこれから先も長い旅に出るのだろうか?という点だ。長旅に出るのはたぶん最後だと思うと、これから先は要らないかも。その資金を他に回したほうが良いかもしれない。次に欲しいのは山岳用テントだ。テントは撮影には不可欠な道具として重要だ。今春3月の白砂で使ったテントとほぼ同じ大きさが必要だと思っているけど、ずっと買えずにそのままになったのには訳があってそのひとつがカヤックで、もうひとつが催し用のテントにある。カヤックは昔乗ったことがあるから興味津々なのは先にも書いた気がする。野田友佑の本も相変わらず楽しく読んでいる。今回の九州の旅の中でも、彼の視点は大変参考になった。購入だって考えなかった訳ではないけど、参考にしたA氏のような冒険心はないから海に漕ぎ出すことはないだろうし:でも今回の旅の中で水俣やその周辺の海は漕いでみたいと思ったのは正直なところだけど:また近くの川でも可能なのかとか湖はどうかと県や各地の管理しているところに連絡して調べている間に時間だけが急いで経過したのもあったし、体験型のツアーに参加する申し込み期限に自分の予定とが合わなかったのもあったり、実は高価だったり。高価だったのが足踏みをさせていた最大の理由なんだけど、物入りの時期に重なってしまってどうにもならなかった。催し用のテントは色で止まってしまって、こちらは準備のための打ち合わせが進まなかったから、そのままになった他に前述の理由が重なっている。テントもカヤックももうひとつのテントの購入も止まってしまった。催し物用のテントから始めるしかないかも。

山岳テントは一人用を持っているから自分だけで動くのには事欠かない。これも借り物だからいつかは自分のものを用意しようと考えている。買うのは簡単だけど、それ以外に派生する色々に対応できるのだろうか?それが逡巡していた一番の理由だと思う。「チャーリーとの旅」を読み始めた。「日本の川を旅する」も面白く読んでいる。一人旅が原点なんだと最近は強く思ってしまう。

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 3現在の記事:
  • 126976総閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 302先週の閲覧数:
  • 813月別閲覧数:
  • 96873総訪問者数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 38昨日の訪問者数:
  • 223先週の訪問者数:
  • 600月別訪問者数:
  • 28一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: