日本山岳写真協会両毛支部の展示会場は人・人・人に溢れていた。

入り口に入ったところですぐに橋本会長から声がかかったのは嬉しかった。そのあと、小島「峰」代表、高橋さん、半田さんが声をかけてくださり、挨拶もそこそこに「峰」のホームページの件が話題になり予想以上に盛り上がった。小島代表が携帯でも見ることが出来るんだよと、ご自身の携帯で紹介して下さったり、私も同じように操作して固定ページの内容をそれぞれ説明させてもらったところ、「よくできているじゃないか!」と高橋さんから声がかかったのは格別に嬉しかった。「今月の一枚」はとりあえず自分の作品を載せているが、これはお試し期間に限られるものなので、会員の方から随時作品を提出してもらって掲載する予定と伝えたり、次の例会ではパスワードを伝えると共に、操作の仕方を分かりやすく解説した書面をA4で数枚にまとめて提供する予定ですと報告して納得していただけたようだった。

会場を一回りする。両毛支部だけあって栃木県の会員の方の作品も多くあり、那須岳の四季折々の写真は目新しく感じられた。特に紅葉の時期の見事な一枚には声を上げてしまったし、見たことのない湖沼の写真には静かさが感じられ、こんなところに行けたらテン泊したいものだと隣にいたかみさんにテントを購入したい気持ちをやんわりと伝えたつもりだったけど伝わらなかったみたいだ。それにしても、受付や案内して回る係員に若い人の姿が見られなかった。「峰」もそうだけど平均年齢はヒマラヤ級かもしれない。自分は若い衆の部類に入るけどそれでも現役最後の年だからな~。「峰」でも若い人が一時籍を置いていたことがあったけど、結局仕事に負われて休会扱いになってしまった。カメラを担いで稜線に出る元気はあっても仕事や子育てに忙殺されてしまうと写真どころではないのかもしれないからな。自分が「峰」に入会させてもらったのも5年前で子育て(大学の授業料の目処もついた・・・)も一段落した頃だから、子育て中は難しいのかもしれないな。そんな世界なのかと思ってみたり。

それにしても小島代表の写真に対する熱意といったら凄いものがある。今日はモニターの話題でひとしきり。自分からはnanaoのcx240がお奨めですよと伝えている。きっとその上の機種を買うような気がするけど、ご自身で疑問に思ったことをその会社の営業部に問い合わせたり、解決していくところが凄いと思ったり。色々を勉強できる展示会だと思っていたとおりだなぁと思いながら帰宅したところ。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 5現在の記事:
  • 127322総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 307先週の閲覧数:
  • 1159月別閲覧数:
  • 97126総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 222先週の訪問者数:
  • 853月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: