一旦は諦めた筈なんだけど土日が近づいてくると落ち着かない。何処かに出かけたくて仕方がない状態になる。何処かと言っても今は六合以外に考えられないけど。野反湖周辺とか、とか、とかとかとか。脚の回復が進んでいるからそんな風に考えることができるのだと、勝手に解釈しているけどあれから早いもので4週間が経過しようとしている。土曜日にドクターの診察を受けて回復具合を見てもらってその後の方向性を定めようと思う。今日までの間、良く我慢していると思う。

スタジオNIMOから依頼があり写真の選別に入った。枚数がかなりの量になるかと思うと選別が楽しくてたまらない。四季の写真までは用意できないけど、かなり特徴のある写真が揃えられると思ってワクワクしている。とりあえず自分なりのチョイスで100枚を目安にしようと思っている。でも・・・実は何処に収納したのか分からなくなっていて一生懸命に探している途中なのです。紙焼するのかメディアにするのかまだ曖昧なままだけど、依頼主から言われたとおりに素材を用意すれば良いのかなと思って、今は選別に全力を傾注している。

新潟時代の友達の一人で陶芸家の長谷川宏昭氏の作品展がfacebookにアップされていたので紹介します。新潟市江南区亀田袋津1-3-4 エムスタジオにて 6月10日まで開催中。彼は185cmの巨漢でありながら繊細な作品を次々と発表しているのが特徴。工房「悠」主宰。新潟時代の自分を飯豊連峰(石転ビ沢雪渓~飯豊本山往復~湯の平)に一週間も遊ばさせた上に、洗濯平のテン泊で満天の星を眺めさせてくれたのも、雪渓の水で素麺流しを楽しませてくれたのも彼だったし、回転・大回転の競技スキーの楽しみを教えてくれたのも彼なのですね。新潟を離れたあとも時々連絡を取っている中で、同じ職種でありながら活躍が目覚しいと思っていた途中での華麗なる転身、その衝撃は余りにも羨ましすぎて。子どもたちの教育費にずいぶんと金がかかる日々だった事もあって無理無理無理だってばーと我慢して。ふー。

正月に届いた葉書には「腕を上げたな~」と一言添えられていてなんだか嬉しく思ったり。同じ作家:作り手として恥ずかしくないもの作りをめざしたい、負けられないと思う。

写真: ただいま個展好評開催中。江南区亀田袋津1-3-4 エムスタジオ 6月10日まで

 

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 6現在の記事:
  • 131492総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
  • 46昨日の閲覧数:
  • 384先週の閲覧数:
  • 1408月別閲覧数:
  • 100340総訪問者数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 41昨日の訪問者数:
  • 327先週の訪問者数:
  • 1061月別訪問者数:
  • 44一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: