毎年この時期になると撮影するのが楽しみな棚田の田植え風景。朝8時過ぎに現地入りしたら既に親父さんは機械で作業を始めていた。挨拶もそこそこに何枚か撮影している間に、応援の2名が到着してお茶のみ。雨が降らなくて本当に困っている話、昨日予定していた田植えも水の関係で手伝いに出たとか。親父さんの田んぼから下流の方は水がなくて地面がひび割れている話、川向こうの集落でここ数日熊が出没している話。雨、そういえば降っていないなぁ。今日は雷雨が期待できるかもしれない。IMG_3661IMG_3711                                機械が入るところは出来るだけ機械に頼るけど、結局のところ、何人かが手分けして空いた場所を手植えしていかなくてはならない。形が様々な棚田なので機械を動かす親父さんもかなりの力仕事になる。収穫の秋に効率よく刈り取り出来るように植えるのがこつ。

IMG_3521

余り暑くならない予想だったのに気温はぐんぐんと上がって撮影していて汗びっしょりに。昼過ぎには雷鳴も轟き始めたけど雨は落ちてこなかった。「この田んぼも俺たちの代で終わりだな!」と親父さんはよく口にする。次の世代が継がないかららしい。最近は年寄りだけで暮らしている家が多くなった。相方が亡くなれば単身になるので田んぼの維持も難しい現実がある。食料自給率を上げるとかTPPで充分に戦える農業にするとか耳にする機会が増えているけど、どうしてこういうことになってしまったのだろう?という素朴な疑問が沸いてしまう。なんだかな~!

田んぼに入って一緒に作業のお手伝いをしたい衝動を抑えるのが大変だった。収穫の秋には刈り取りの手伝いをすることを決めた。また夜間撮影の許可もいただけたので、テントを張ってぐふふふ。最近は猿がぞろぞろと田んぼを横切ることがなくなったと聞いたのは良い知らせなのかどうか分からないけど。うーん。熊もいるって!?

 

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 4現在の記事:
  • 127378総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 268先週の閲覧数:
  • 1215月別閲覧数:
  • 97171総訪問者数:
  • 4今日の訪問者数:
  • 29昨日の訪問者数:
  • 191先週の訪問者数:
  • 898月別訪問者数:
  • 27一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: