4月の例会は仕事を休ませてもらって床に就いて、例会もお休みしたので2ヶ月ぶりの参加。会計さんも久しぶりに参加されたので一年分の会費が納入できた。4月の山行報告を聞いているとみなさんあちこちに足を延ばしていた様子で、一人で5~8件を報告している人がいた。谷川岳が圧倒的に多く、一ノ倉沢、マチガ沢、幽ノ沢をはじめ肩の小屋泊まりで一ノ倉岳の先まで足を延ばしていたり。花と雪山を追いかけていた数人が飯豊連峰の雪と桜だったり、巻機山と桜だったり、また浅間山と4月の満月を狙った人や立山室堂みくりが池で撮影していたり、聞いているだけで楽しいと言うかワクワクするというか。良いなーサンデー毎日の人たちは・・・と羨ましくなってしまうのはいつものこと。自分はまだ仕事があるので土日中心にならざるをえず、たとえば今朝のように天気が素晴らしくて白砂山が輝いて見えているのに、お休みする訳にいかないから・・・ぐすん。ずるずる。自分が報告する番になった時に野反湖周辺を撮影してますと報告して、先月報告できなかった3月17日~19日の白砂山テント泊撮影行の話も交えてみたけれど、畠山プロが講習会当日の選考会に出した作品がこの時のものだったから、近況説明をした気もしたので短めにして終えることにした。4月28日に野反湖にスキーに行ってきました。って説明した時に、余り興味なさそうな雰囲気を感じたからもあって。

雪山と桜の写真をたくさん見せてもらったけれど、難しいのは露出だと感じた。桜に合わせれば空の青さが薄くなってしまうし、空に合わせれば桜は黒くなってしまうし。デジカメの得意技であるHDRを使ったらいくらか調整がつくのかと思ってみたら、あまり変化しなかったぞーと小島代表が話していたので参考になった。一枚だけ巻機山の麓で撮影した桜の花が背景の処理が見事できれいに見えたのがあった。また桜の花と枝の背景に雪山の稜線をいれて撮っていたのも上手いと思った。こういう工夫が求められているのだと感じたのが収穫。

6月のクラブ山行の期日が変更になって1日(土)~2日(日)で場所は赤城山。黒田さんが今日下見してきた様子によると昨年と同様に花芽の付きが悪いとのこと。例年なら咲いているだろう場所にもまだポツリポツリ咲き出したところらしい。遅れているのはここ数日の寒さだろうから明日以降暖かくなるので、今週から開花が進むと思って楽しみにしたいものだ。翌週18日に岩橋崇至写真自然塾の生徒さんたちを赤城山に招いて写真教室を開くので、16日に下見に行っておきたいと思う。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 2現在の記事:
  • 127307総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 292先週の閲覧数:
  • 1144月別閲覧数:
  • 97117総訪問者数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 213先週の訪問者数:
  • 844月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: