朝から撮影に出るつもりだったけれど肝心のコンパクトフラッシュのケースが見つからないので気になってしまい行動が鈍かった。年度末の仕事が忙しかったから、その疲れもあってスッキリしないのもあった。でも、あるものでなんとかしようと気を取り直して車を走らせて、利根川にかかる長い橋の上に出たら思いのほかすっきりしている。なんだ・・もう少し早く動くべきだったか-といえそうな景色が目の前にある。上越国境の雪山だけが光り輝いていて手前に雲も浮かんでいる。子持と小野子の間に仙ノ倉が見えている。朝の光を浴びてくっきりとした陰影が出ている。全体が黒く落ちている中に雪山だけが光り輝いているからとても印象的だ。もう少し早ければ赤く焼けていたのかもしれないと少しだけワクワクしたり残念に思ったり。でも、期待しながら車を進めるけれど徐々に天候が下り坂で曇りがちになって風もひんやりしてきたから、撮影もいまひとつだし帰還することに。辛夷の花や染井吉野が咲き始めのきれいな発色だというのに空がどんよりした灰色ではな・・・青い空に辛夷なら良いのに。

帰宅してもう一度PC机の周りから山の道具類や車の中などを徹底的に探しまくることにした。当日着ていた服装も思い出してクローゼットの中を探してみた。ふー。二周り目の捜索活動の最後に、毎日持ち歩いている鞄の中を覗いてみたら、ペンケースや財布、弁当箱の入る5cm幅の空間でなく、書類だけを入れるための狭くて薄い空間の一番左隅にいるのを発見した。ここは今まで気にすることもなかった。そうか!ここにいたのかー。一息ついて珈琲タイム。IMG_8994

写真は堂岩山頂(2051m)からみた岩菅山(2295m)と裏岩菅山(2341m)。250316撮影

IMG_8988

一時間程度の撮影の合間を見て、A氏は隣の八十三山(2101m)まで足を伸ばし山頂付近でテレマーク。佐武流とか鳥甲がよく見えましたよ~と言われて行けば良かったなぁと思うことしきり。写真の中央すこし右上。木立の右側にA氏がいます。300mmの手持ち望遠で撮影でした。ふー。また滑りに行きたい!と思いが高まり始めたみたいだ。

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 1現在の記事:
  • 128681総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 37昨日の閲覧数:
  • 258先週の閲覧数:
  • 3月別閲覧数:
  • 98205総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 33昨日の訪問者数:
  • 212先週の訪問者数:
  • 3月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: