朝食を済ませて本格珈琲を楽しんで、予定時間よりも30分早めて出発することにした。夜の間ずっと悩んでいた滑走が始まろうとしている。「出来るだけ頑張ってターンを決めよう!」と気持ちを奮い立たせているうちに、ガイド氏はすいすいと滑走し始めているから必死について行く。写真のとおり、手前の雪面から野反湖まで標高差400m以上を下りていく。タカンボウ尾根の最上部あたりで休憩をとった。見上げると堂岩山とさっきまでいたテン場が見える。黒い木立。ガイド氏からコメツガとトウヒの違いを説明してもらいながら行動食を口に。風もなく穏やか。「太古の静けさ」の真っ只中にいる感じだ。贅沢すぎる静けさ。鳥の声がかすかに聞こえるくらいで。藤島敏男の「山に忘れたパイプ」に書かれた場所がここなんだなぁと実感。じわーっとくる感動。ガイド氏はこの場所の他にも絶好の「黒い森」がありますよとくすぐるから、たまらなく行きたい気分だ。気持ちを奮い起こして滑走を再開した。

IMG_9437

背中の荷物は重たいままだけど、最終的には2回転倒しただけで済んだ。原因は左まわりの際に右足の外エッジが引っかかること。落ちているコメツガ等の針葉樹の枯れた太枝に乗り上げて転倒とか。でもツリーランが時々出来ていたじゃないかと自画自賛してしまう。「タカンボウ尾根」(3/18up)の2枚目の写真の場所も割りとスイスイと滑走できて満足する。斜滑降とか横滑り直滑降だけでなくなったのでニンマリしてしまう。堂岩沢まで下りてからの登り返しがかなり気になっていたのに、登ってみたら思っていたよりも楽に乗り越えられて405号線にひょっこり出た。3日も天気が続いたこともあって雪解けが進んで、すっかり春めいた野反湖だった。IMG_9519

予定時刻を大幅に短縮して下山した。5kmの雪道をスキーで滑り降りたあとは3kmの除雪された405号線をスキーを抱えてとぼとぼと歩き通した。いつも立ち寄るバーデ六合と違った共同浴場で汗を流した。

今回は今までの撮影行と違ってなにかこころの底から揺すぶられるようなインパクト性のある撮影行になった気がする。A氏の考え方の受け売りも否定しないけれど、「時間を有効に使う」と言う着眼点に立ってみると見るもの聞くものが違ってみえてくるのかもしれない。このことについては改めて。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 0現在の記事:
  • 127322総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 307先週の閲覧数:
  • 1159月別閲覧数:
  • 97126総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 222先週の訪問者数:
  • 853月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: