新年会が27日にあった翌週の例会なので欠席者が何人かいた。山行報告ではいつも通り平日を自由に歩きまわれる人たちの活発な報告があって羨ましかった。何人かが連れ立って動いているから出かける先はいつも同じような報告になる。良い悪いは分からないけれど、自分はその場所に食指が動かないからどうしたものでしょう?と思いつつ、自分の山行報告に根広尾根5時間の登りと水池大池の話を出した。人がしないようなことを喜んでするようなへそ曲りのところは親譲りだし。そうそう入院中の母親は今日も発熱がなく、明日、病室を変える様な話。面会謝絶の状態の中できっと元気でいるのだろう。ホームページ作成はどうなっているかと小島代表から話があったけど、ドメインが決まらないことには作業が進められない。副代表がみなさんの意見を聞いてから・・・と話されていたから、暫くは時間がかかるのだろうなぁーと思って長期戦を覚悟しないといけないかも。次回の例会でいくつかの候補を挙げてもらって、それで契約が出来るかどうかになるから、まだまだ先の話になるなぁと。何とも仕様がない。

畠山プロを招いてデジタル講習会を今年も実施することが決まっているけれど、中身をどうするかで色々と意見があった。フィルム撮影だけの会員にはデジタルの話は意味がないから欠席すると主張するのはそれは確かに分かる気がする。また、デジタルで撮ったもののレタッチをするために自宅のパソコンを持っていくるようにしたらと提案があったけど、自分はPCを動かすつもりはない。せっかく来てもらうのだから良い質問をすることがすべてだと分かっているけど実際はどうなのかな?またまた基本的なレタッチの話だけでは意味がないと思っているのは自分だけなのかもしれないけれど。畠山プロのホームページをみれば分かるようなことを再び再現するのもどうなのかな?って気がするけど。http://f-mountain.p1.bindsite.jp/pg242.html

自分としてはデジタルだから出来る撮影技術とかデジタルの近未来とかで話題提供をいただいたほうが嬉しいみたいなんだけど。これからまた劇的に変化していくことは確かだと思うし。畠山プロもtwitterで「ディテールを求めてきた山岳写真の世界もデジタルに移行してきています。」と書いていたから、そのあたりの話を聞くのも意味があるような。そのことを踏まえてのレタッチにした方が意味がある。どうかな?

小島代表が個人的に所持しているGPSを少しばかり貸してもらいたいと申し出たところ。恥ずかしげもなく。使ってみて精度や使い勝手を感じてみて欲しくなったら購入すれば良いと思いながら。何しろ高過ぎだからだ。すると「今は使っていないから良いよ」と二つ返事だった。いつもありがたい。

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 1現在の記事:
  • 128704総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 37昨日の閲覧数:
  • 281先週の閲覧数:
  • 26月別閲覧数:
  • 98223総訪問者数:
  • 21今日の訪問者数:
  • 33昨日の訪問者数:
  • 230先週の訪問者数:
  • 21月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: