大仙の滝-wp第45回吾妻観光写真コンクールに入選した知らせが届いた。昨年に引き続いての入選なのでとても嬉しい。前回は吾妻行政事務所長賞でブロンズ像と賞金がいただけたけど、今回は(財)群馬県観光物産国際協会理事長賞の受賞となって、ブロンズ像と賞金をいただくことになるのだけれど、その金額が倍増なので正直ニンマリ。ぐふふ。たまらないぞー!県知事賞の次に位置する賞なので特に嬉しい。2月27日(水)午後2時から授賞式があるので参加することに決めた。作品のデータを早急に送らなくちゃ~。そもそも、このブログを書き始めたのが昨年の受賞した日だったと思い出した。早いもんだね~あれからもうすぐ一年になる。★2012年2月16日と3月10日に掲載した写真と記事が参考になると思います。

左右の足の筋肉痛がひどいことになっていた。水平移動する限りではなんら問題がなかったし、階段の登りもさほど気にならなかったのに、出張に出かけようと階段を駆け下りた途端にとんでもなく大変だった。足がまともに下ろせない。まるで機械仕掛けのロボットみたいだった。ふー。唖然としてしまった。痛むところは大腿四頭筋だけなので良かったけれど、夕方あたりから腰の筋肉まで動き始めている。やっぱり運動が足りないんだなと実感した次第だ。何とかしなければ・・・

それにしても木村氏の怪物ぶりが脳裏に張り付いて離れない。なんでそういうことをしているの?の疑問がたくさん浮かんでいる。自分も同じような趣味があるけれど、彼ほどに時間をかけていられなかった。でも木村氏は好きなことに没頭できているんだから羨ましいな~と思う。結局、好きなことを納得がいくまでできたことが大事なんだなと思う。子どものため、家のため、金のため色々制約がある中で、自分の居場所を見つけていければ幸せなのかもしれない。

こういった話題が退職が間近になってきて現実味を帯びてきている。埼玉の駆け込み退職のようなことをするのは人の徳に反することでしょうと思って快しとしない自分だけれど、再任用の仕事に就けるかどうかは分からない。でも今の対人援助サービスの仕事で長々と仕事をしたいと思わない。思い切って違う仕事に就きたいと思うけど何が出来るのだろうか?!予てよりスキー場で働きたい思いがあって今回のかぐらスキー場は、二男が大学時代にアルバイトに出かけていたエリア。二男の口利きで住み込みで働いたり出来ないだろうかと真剣に考えたりしている。かみさんは「亭主元気で留守が良い」って言ったりもする。ぐふふふ。でも良いかもしれないな。

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 1現在の記事:
  • 127083総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 44昨日の閲覧数:
  • 292先週の閲覧数:
  • 920月別閲覧数:
  • 96955総訪問者数:
  • 19今日の訪問者数:
  • 32昨日の訪問者数:
  • 219先週の訪問者数:
  • 682月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: