始業前の僅かな時間を使って昨日の情報収集を続けたところ思いがけない大ヒットになって、自分がかねてより取り組んでいる地域をフィールドにしている山岳会に行き当たってしまった。願ってもない幸せ。山岳会の存在はスタンさん(スタンアンダーソン氏)から聞いたり、支所の人からも聞いて(・・・その方面のことは山岳会の方たちが知っているので聞いてみましょう。)知ってはいたけれど、ちょうど良い機会だからと思い切って事務局に連絡してみたところ、電話口で応対した山本会長さんが穏やかそうな人で説明も丁寧だったので、すっかり興味を持ってしまった。山岳会と名づけているけど実際は山スキーの会のようだ。だから、また「山スキーへの憧れ」に火が点いてしまった。困った感をどう伝えたらいいか悩みながら話したのだけれど、理解してもらった上に一緒にどうですか?と誘われてしまった。うん。入りたいのかもしれない。色々と長電話で情報交換する中でスキーツアーにどうですか?!と誘われた。ツアーコースの説明を聞いてコースの設計が奮っていて面白そうなので益々悩むことになりそうな気配だし。写真の「峰」に加入する時に感じたワクワク感と似ている。名前と電話番号を伝えて近いうちにお会いましょう!と合意ができ、15日はそちらでに撮影に出かけていますと伝えると、公民館で準備作業しているのでそこで会いましょうか!?と提案があり即決となった。撮影を予定した場所は他にもありますか?と確認があり「18時過ぎたら上の集落にいます。こちらにも面白いものがあるので是非に!」と薦められた。内心はもう行きたいみたい。

この行事の前日にも別の集落でも変わった行事があるので、これに関して役場に情報収集してみた。担当者が数人代わって漸く分かる人(?)が電話口に。行事全体のボリュームを把握したかったのだけど、聞いておいて良かったのは当日賑わう場所が予定した場所とは全く違っていたことだった。少し高台があれば上手く収まるかもしれないと思ったけど果たしてどうなんだろう?役場の人の説明では「高台はなし。合流するのはせいぜい10分足らず。場合によっては、手を上げるなどのパホーマンスを皆さんにお願いする(リクエストの受け入れ)ことがあっても良いんですけど。」自分は著名な写真家ではありませんのであしからずと回答した。でも、なんだか忙しくなってきたみたいだ。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 1現在の記事:
  • 136150総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 29昨日の閲覧数:
  • 282先週の閲覧数:
  • 367月別閲覧数:
  • 103916総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 24昨日の訪問者数:
  • 226先週の訪問者数:
  • 300月別訪問者数:
  • 32一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: