勤務時間内にもかかわらず小島代表から連絡が入った。折り返し急いで連絡すると「仕事中に悪りーね。展示した写真をどうに説明したら良いかと思ってさ・・・」 それは・・・・と説明すると「なるほどね・・・分かった分かった。仕事中わるかったいね。」代表がわざわざ連絡してきたってことは会場内で代表に質問した方がいたのかもしれない。色々な意味で注目を浴びているのだとすれば嬉しい限りだ。展示する以上は「なんだ?!これは!」と思われるようなものが良い筈だ。いちいち説明書きを読んでもらって分かってもらうのは「写真ではない!」とうちの師匠は常々口にしている。今日の話のように何か気になるなぁと思わせるだけでも十分視覚刺激を満たしたことになるだろう。だから嬉しい。

ふたご座 800

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜、赤城山大沼湖畔から東の空を見上げて、ふたご座流星群を一時間半狙ったのだけれど残念ながら見栄えのするものを撮影出来ませんでした。この写真は450枚のコンポジット作品です。外気温-8℃。静寂の湖畔、結氷する音が聞こえるだけでした。よく見ると、駒ケ岳山頂上空付近に白い光が出ていますが、これは流星群の一部と思います。

やはり明け方に撮影した方が良かったのかもしれないなぁと思ったり。実は、撮影場所で少々悩み、榛名山方面に一度駆け上がったのでした。眼下に広がる景色をみると簡単に撮影できそうな気になりましたが、肝心の赤城山がもやっていたのでは絵にならない。そこで、渋川まで一度下って気を取り直してから赤城山に駆け上がったので、到着時間もかなり遅くなってしまったのでした。いつも遭遇するシカ等の動物たちには一度も遭遇するなく、途中の簑輪あたりから上部になると雪が路肩に寄せられたり、路面が凍結してましたが、なんとか上りあげると、赤城山の大沼周辺はかなりたくさんのカメラマンが蠢いていたように思われました。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 0現在の記事:
  • 126996総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 272先週の閲覧数:
  • 833月別閲覧数:
  • 96890総訪問者数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 25昨日の訪問者数:
  • 208先週の訪問者数:
  • 617月別訪問者数:
  • 27一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: