風呂上がりのストレッチは効果的だと思う。夕食前の僅かな時間を利用して大腿四頭筋のストレッチをしている。両膝を揃えて正座してそのままうしろに倒れ、足は宙に浮かせないようにする。両手で身体を支えながら徐々に背中が付くように倒していく。両足をいっぺんにするのは大変なので片足ずつするのも方法で、自分はこちらを選択しているけど、一回目はまだ固くて慎重にならざるを得ない身体でも2回目ともなると柔らかくなってきて、背中を付けて1~2分程度は平気でいられるようになる。本当に風呂上がりのストレッチは効果的だと思う。というのも、少し身体を動かしておかないと重たい荷物を担いで動けるのかな~と思ったからと、膝に幾らか違和感があるのもあって・・・

昨日も少し触れた昨年10月初旬の池の平に向かう剣沢雪渓の上部の様子です。白い大蛇がぱっくりと口を開けて飲み込もうとしているように見えませんか?実際落ちたら一溜まりもない奈落が見えるような気がして恐る恐る通過したことを思い出します。固定したパイプに30cm巾の長い板と鉄のワイヤーが張ってあるので、落ちることはないのでしょうけど、かなりスリリングなトボトボ歩きを強いられるのです。で、岩場を通過して雪渓に下りて最初のうちはまだ靴のままスイスイと滑りながら歩けるのですが、途中から10本歯のアイゼンを装着しないと大変です。「アイゼンの用意がない人は剣沢小屋まで引き返してもらう。」と雪渓のど真ん中で仁王立ちした係員が監視しているのです。それもこれも昨夏の後半あたりで局地的な大雨が降り続いたため剣沢がその被害に受けていたから安全なルートを指示したのもありますが、滑って転んで一気に下ったらそれはそれで・・・・ですから。真砂沢まで下りていった辺りも例年になく雪渓が崩落しているとのこと。例年を知らないので何とも言えないけど・・・普通に見ても、雪が本格的に降る前にこれだけの量の雪があるって凄すぎませんか?と素直に感動した思い出。

この雪渓を下ってからまた上り返す先に池の平と仙人池があるなんて・・とため息が出てしまうのは、絶景を見ていないからでしょう。明日はどこの写真にしようかな?

仕事でも家に帰ってきてからもパソコンの前に座っていることが多いために、幾らか前屈みになってきて背中が曲がっているように感じている。木の床に寝てみると良く分かるし、とても気持ちが良いと思う。ベットのふわふわ感とはまた違った嬉しさがある。腿の筋肉のストレッチついでに背中も伸ばしたい気持ちがあって、ストレッチポールが欲しくなってきた。ジムに通っている頃はいつも仕上げに太ももをローリングしたり背中をストレッチしてからサウナにいくことにしていた。ここ数日、その感触を味わいたくて仕方がない。身体を動かしたくてたまらない秋が来たんだと思う。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 0現在の記事:
  • 128599総閲覧数:
  • 44今日の閲覧数:
  • 35昨日の閲覧数:
  • 311先週の閲覧数:
  • 1186月別閲覧数:
  • 98133総訪問者数:
  • 30今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 236先週の訪問者数:
  • 936月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: