毎年恒例になっている『上野村フェスティバル』に出かけました。「木まま工房」がお目当てです・・と言うと買うために行くのかな?と思われますが、どちらかと言うと大野夫妻にお会いしてお話するのが目的でもう八年が経過するのかな?ずいぶん長く続いている。ありがたい。朝早く出かけるのは、天空回廊の駐車場が満車になるまでに車を置きたいからで、幸か不幸か今までシャトルバスを使ったことが一度もない。今日は天候が今ひとつで曇りがち。木陰の展示なので吹き抜ける風が爽やかに、と言うかかなり涼しく感じられた。会場についたら直ぐに「木まま工房」を探した。木まま工房は直ぐに見つかったが、先客がいたので会場を一回りすることを先にした。色々なジャンルの作家が出展していてとても楽しい気分になる。これなら自分でも出来そうだと思うものまであった。毎年、県内のクラフト展でお会いしたことのある作家もいて、各ブースの前で立ち話も出来た。野村コージさんも出展されていた。洗練されたデザインの持ち主で面白い作品を創り出す作家だと思っている。面白かったのは『ゲル』そのものを出展している方がいたことだ。ライフスタイルも売りにする面白さ。モンゴルのゲルを日本でも!、ライフスタイルを見直してみよう!って仰る作家さんだけど遊牧民のような暮らしをそのまま現実化できるのかって、難しいですよね。風呂は?洗濯は?トイレは?と考えただけでも、女性なら『無理』と口にするだろうな。始めて中に入ってみて予想以上に良い感触をもったゲルだけど、組み立てに2時間近くかかると聞いて、ご苦労様でした~になってしまう。ま、色々問題あるけれどテント生活よりは日本式家屋で生活できる方がありがたいんだなと思う。個人的には雨に降られても5分足らずで立ち上がるテントでなくちゃ。

大野さんはお孫さんからずいぶん好かれている様子だった。上手に可愛がっている様子も伺えた。もうすぐ三才になるうちの孫とは半年違いだけど、ずいぶん大人に見えた。うちの孫も今度会った時にはトイレットトレーニングが一段落していると良いなぁと思った。今朝の上毛新聞に掲載されたと聞かされた(自分は上毛じゃないから・・・)。木まま工房の店先で、大野さんの可愛がっている孫が写っているみたいですね?http://www.jomo-news.co.jp/ns/4913477213558277/news.html

撮影が計画通りにいかないので少し焦った二日間でした。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 1現在の記事:
  • 128626総閲覧数:
  • 18今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 286先週の閲覧数:
  • 1213月別閲覧数:
  • 98158総訪問者数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 39昨日の訪問者数:
  • 229先週の訪問者数:
  • 961月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: