あれもこれもと興味を持っていた若い頃と違ってきて、さっき聞いた話も半分も覚えていないことだってある。興味のある話ですら全部を覚えきれていない時もある。記憶容量(最近はワーキングメモリーと言うのかな?)が不足しているのだろうか。脳細胞は歳を重ねる毎に消滅する速度も加速するらしい。厳しい現実だ。

昨日教えてもらった人と話している時に、情報を文章力で読んでいるのではなく、記号で見ていると考えてみたら、自分の得意な領域であれば同じような体験をしていることに気付いた。私が愛好している蝶の世界で考えてみたらとてもよく分かった。撮影仲間と一緒にいても私は蝶の姿を見つけるのが早いし、ほぼ一瞬で識別しているように思う。それと同じかもしれない。即座に名前を言い当てると仲間からの賞賛を得られることにとても満足感がある。色だったり、羽根の形であったり、吸密する花であったり飛翔の仕方であったり。それらの情報が全て頭に入っているから、一瞬でスキャニングして判断して、名前を伝えているが、それと同じことなんだろうと思った。専門家とまでは言われていないけど、それなりに見よう見まねでやれてきて経験を積んでいるうちに今になった。でも余り本格的な専門家とは言いがたい。本当はずっと昆虫少年でいて、専門家になりたかったのかもしれないんだけれど、現実はいつもそう簡単に道を開いてくれないものさ。二者択一の場面に遭遇することが多いのかもしれない。いま従事している仕事も、特別の教育を受けてきたからではなくて、経験を積んで判断力を身につけたものに過ぎない。専門家です?かって聞かれることも多いけどどうだろう。そのことを毎日しているから専門家と言えるかもしれないけど、本当の意味での専門家ではないと思う。

色々知りたいことがあって興味は尽きないけれど、その全てのことに詳しくなることはできないし、一つ覚えれば二つ忘れていく毎日じゃないかと自虐的になったりもするし。パソコンの言語について学んだ方が良いと思っていたのにいつも組み立てやスペックや部品の話にばかり目がいってしまっていて肝心なことが後回しになっていたんだなと思ったりして。とほほな気分。今はそう思うだろうけど、またきっとあるからね・・・って言われたけど、そうか~実現できっこないっていう意味か~。へこへこ。

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 2現在の記事:
  • 126109総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 301先週の閲覧数:
  • 1367月別閲覧数:
  • 96225総訪問者数:
  • 21今日の訪問者数:
  • 32昨日の訪問者数:
  • 241先週の訪問者数:
  • 1023月別訪問者数:
  • 31一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: