ずいぶん長い間心配な状態が続いていたので気にしていた。仕事は出来るし熱心で頭の切れも抜群、周りへの気配りもできて明るい女性から朝一番に、『私ごとで申し訳ありませんが、昨日離婚届を出してきました。』なんて言われたからガクッと来てしまった。・・・そうか昨日の会議を欠席したのは届けを出しに行ってた訳かー。決して若くない年齢で結婚したのは確か去年?だったかな?本当は子どもが欲しかったんだろうな。でも彼女は輝ける自分の世界を持っていて相方がそのことを受け入れてくれないと悩んでいて、相談されたこともあったっけ。でも、結局は自分の世界を選択したんだな~。

お互いに、師匠に付いて長い間ずっと取り組んで来たから、普通の人が知らないものを師匠の視線から見ることができているし、感性も想像力も豊かなので、話題も共通しているところがあるから、ずいぶん楽しく話したことがあった。身体表現が特に得意な彼女の、歩く姿は凛としていて魅力的だったのに最近は身体のラインが崩れ、背中を丸めている姿を見かけることが多くなっていたので、人事ヒアリングの際に管理者に一声かけたりもしていた矢先だった。今日は事務机に向かっている顔の表情は例えようのない静かな色だった。離婚することなんか今時あまり珍しい話ではなくなったけど、同じ職場のスタッフから離婚の話が出てきたりすると、少し気持ちが揺れたりした。でも、自分が彼女だったらどうしただろうな?って考えてみたら、もう少し早い段階からその選択もありだったのではないのかなーなんて思って。

舞台で踊り続ける彼女の姿と、立秋の裏銀座で咲くチングルマとが似ているような気がして。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 4現在の記事:
  • 128681総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 37昨日の閲覧数:
  • 258先週の閲覧数:
  • 3月別閲覧数:
  • 98205総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 33昨日の訪問者数:
  • 212先週の訪問者数:
  • 3月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: