帰宅してからずっと来週の北海道の撮影行に持参する写真を印刷していた。30枚!けっこうな枚数になった。長い旅の合間にひと息つく時や天候不良で撮影ができない時などに、岩橋先生から直接指導していただけるのでとても勉強になる。自分の作品を会員に見られて恥ずかしい気持ちがあったけど、恥ずかしさなんか気にしているよりは先生の話を良く聞いて次の撮影に活かせる方が全然意味がある。恥ずかしさなんか何の役にも立たないし。そう思うようになって10余年の長い時間が経過した。今回持参する写真の内訳は、今年赤城山で撮影会を実施した時の作品の他に、自分が好んで取り組んでいる地域の作品(ガラン沢、野反湖、白砂山、志賀高原)になった。印刷してみると暗い写真が多い気がする。最近は明るめに撮るようにしているけれど、昔から暗い写真が多くて明るくするには勇気が要った。デジタルになってその場で調整しながら撮影できるので、最近は段階露光しなくても良くなった。でもモニターの色にだまされてプリンターから出て来た色を見て唖然とすることもなくはないんだけれど。

慌ただしくなると不思議なもので色々な事が思い浮かんでくる。特に今回のように長旅に出るような場合は特に、あれもこれもとやっておかなくちゃならないことが次々に浮かんでは消えていく。それを一つひとつ丁寧に向き合えれば良いんだけれどそうもいかない。向き合えば旅に出る時で既に疲労困憊状態になっている。そうならないように心がけていたのに、今回もまた同じような轍を踏みそうな予感がある。ふー。

 

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 6現在の記事:
  • 128538総閲覧数:
  • 18今日の閲覧数:
  • 37昨日の閲覧数:
  • 325先週の閲覧数:
  • 1125月別閲覧数:
  • 98087総訪問者数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 27昨日の訪問者数:
  • 261先週の訪問者数:
  • 890月別訪問者数:
  • 36一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: