こういうところにあって欲しいなぁと思って覗き込んだところに、絶景がひそんでいた。

小躍りして河床まで駆け下りて撮影したら狙い通りの作品が出来上がった。この両岸の岩盤の迫力がたまらなく力強い。水は静謐を極めている。水面に映る新緑。帯状に横たわった赤茶色した岩の存在感がたまらなく面白い。何度も行き来しているところなのに見落としていたことを悔やむよりも、発見したことを喜ぶべきだろう。嬉しい。

この上流に何があるのだろう・・・。遡行してみたい衝動に駆られたので、午後のひととき、地図を開いて確かめてみたら、興味津々。ワクワクしてしまう。

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 11現在の記事:
  • 136150総閲覧数:
  • 29今日の閲覧数:
  • 46昨日の閲覧数:
  • 329先週の閲覧数:
  • 367月別閲覧数:
  • 103916総訪問者数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 267先週の訪問者数:
  • 300月別訪問者数:
  • 35一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: