本年は岩橋崇至写真自然塾がスタートして15周年に当たる年なので、それを記念して北海道大雪一周の企画が持ち上がっている。岩橋先生はその著書「北ぐにの山々」で北海道の山々や大自然をみごとに紹介しているので、ご一緒出来る機会があれば是非にと渇望していたところでもある。実は10周年にも北海道の企画が立ち上がったけれど、まだ現役である私は参加出来なかった。行けなかったことをずっと悔いた自分がいたので、今回は絶好のチャンス到来と思いたいところ。しかし今年もまだ現役を続けている。それに実家の父母の介護もあるから、今まで以上に厳しい状況だと判断せざるを得ない、そんな筈なのに・・・

昨日、赤城山での撮影会が終わり先生とお別れの挨拶を交わした時に、先生から「北海道へ是非に!」と声がかかってしまった。我が家に関することでは、とても厳しい現実があることをそのまま伝える訳にもいかなかったので、夏の五色ヶ原でまたお会いしましょう!と言ってはみたけれど、「北海道全行程でなくても途中合流や帰還も可能だから。」と言われてしまったらもう悩む悩む。ううーん。どうしたものかって、内心は行きたくてたまらないのですよ。

今日は昼頃まで実家にいて、父母の様子を見てきたけれど、父母はお陰様で元気に過ごせていて、特に急性期を脱したと思われる父親は庭にも足を伸ばす気力に溢れていた。食欲も増してきて顔色もかなり良くなってきている。でも病人には違いない。末期ガンが揺るやかに進行しているのである。来月の通院予定が既に出来ていると妹から聞いてしまうと、自分たち夫婦でも出来る事があるのではないかと落ち着かない。出来るだけ協力したい思いなのに。

結局、①行きたい気持ちと②行ったらダメでしょう!?という気持ちとが鬩ぎ合っている状態で、私のこころは艶めかしく揺れているのです。

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 6現在の記事:
  • 131374総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 69昨日の閲覧数:
  • 374先週の閲覧数:
  • 1290月別閲覧数:
  • 100239総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 54昨日の訪問者数:
  • 311先週の訪問者数:
  • 960月別訪問者数:
  • 44一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: