ロケハンで長靴を履いて長い時間を歩いたせいで足の裏が痛んでいる。かつてない痛みなので困っている。経皮鎮痛消炎剤ボルタレン ゲルを塗ってもはかばかしい回復が見られない。山歩きをする気にもならない不快感。歩き出しが要注意で機敏な動きには痛みが伴うが、朝の始業前の散歩は水~金の3日間は20分程度は歩けているので、骨に異常があるとも思えない。思い返してみると斜面途中で転倒している。横滑りに滑っての転倒だったから、足が捻れたと見て良さそうなので、捻挫という診断をつけようと思います。消炎剤は朝昼晩と3回塗り込んだから、少しずつ回復していくことを期待したい。

でも、私の長靴は靴の裏にびっしりと鋲が打ってある山仕事用の特殊な靴。営林署御用達の長靴なので、本来の目的に合わせた場所で使用しているのに足首が捻れて痛むのは年齢から来るものなのだろうかと考えて少しがっくりしている。それとも入院中の父親やショートステイの母親のことを良く見るように!と誰かが教えているのかもしれない。はいはい。土日は平地でのんびりしながら、実家の年寄りのための部屋の整理整頓を考えたいと思っています。そうするように足に信号を送っているのかもしれない。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 14現在の記事:
  • 127378総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 268先週の閲覧数:
  • 1215月別閲覧数:
  • 97171総訪問者数:
  • 4今日の訪問者数:
  • 29昨日の訪問者数:
  • 191先週の訪問者数:
  • 898月別訪問者数:
  • 27一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: