うどんの「こ」

小麦粉を捏ね始めたら、色んなことが思い出されてきた。うどんの「こ」を入れて、いっぺえ喰うんだよ~と懐かしい伯母の声が聞こえたような気がした。

今日のうどんの「こ」はなんだい? と自分が口にすると、周りは皆キョトンとして無言になってしまった。ぐんまの方言なのか!?

うどんの「こ」には、ネギ、きんぴらごぼう、ほうれん草を茹でたもの、ミョウガ、茄子の揚げ浸し、里芋を煮っころがし、つけものなどの畑で獲れたものが並んだ。天ぷらがあっても海老ではなくて玉ねぎのかき揚げだったと思う。山胡桃の実をすり鉢で擦ったものを入れると美味しかった。

今年はうどんをたくさん作って孫たちに食べさせよう。うどんの「こ」も充実させたいかな。製麺機の厚みの調整を巧くやれば、ひもかわが出来るかもしれないと、夢が膨らんでいる。

愛用の小野式製麺機1号機。

総会2020

岩橋崇至写真自然塾の2020年の総会が1月17日(金)午後2時からエディカス東京6階会議室Aで開催されました。出席者8名、委任状提出12名、欠席1名で総会の成立を代表の私が宣言した後、岩橋崇至先生からご挨拶をいただき、昨年度の事業報告と会計報告、新年度の事業計画が(案)のとおりに承認されました。また、事務局からの報告と検討議題をいくつかお諮りして、予定した時間にお開きとなりました。

総会当日の会員数は20名となりました。何人かの役員の交代が行なわれました。

総会終了後はいつもの居酒屋で、新年会を行いました。

来週の1月24日(金)から「冬の上高地」写真教室が予定されていて、9名の会員とご一緒することになっています。今年の活動がスタートしますので、とても楽しみです。

追悼公演

Youtubeの画面にこの写真が上がっていて、画面に触れても音が出てこないので、不思議だなぁと思ってよく見ると、ZubinMehta 指揮のGedenkkonzert で BRSO und BR-Chor とあるから Gustav Mahler Symphonie Nr.2 c-Moll (Auferstehungsymphonie)だ!と思って、関連する記事を調べてみたら正解でした。

16日にライブ配信 とあるので、リマインダー設定をポチっと押してしまいました。このような追悼公演がしばらく続くのだろうなぁ。まだまだ離れられないし、離れちゃいけないんだ!見なくちゃ! ちょっと朝早い。

Zubin Mehta の足取りが怪しくなっているので年齢を確認すると80歳を超えていて、驚いた。椅子に腰かけて指揮していたけど、この荘厳なる名演奏を聴くことが出来て良かったと思う。Maris Jansons の遺影に花が飾られているのを見るとつい涙ぐんでしまう自分が不思議。眠いからなの?部屋の窓から見る朝焼けが印象的だった。

この他に、erinnerungen an Maris Jansons なる動画が次々にアップされ始めているけど、マリスヤンソンスの思い出なので、話している画像が多いのに判読不能なのがとても残念。

アートに触れる

会期末前の12日(日)に漸く見ることが出来ました。このポスターが貼りだされている前を何度も通り過ぎていたので気になっていたのですが、Twitterで「あと2日!」と掛かれていたのを見て、見ないでおくのも何だし・・・と言い訳しながら慌てて出かけることになったのでした。写真撮影が許可されているものもあるので会場内でシャッター音がしているし、多くの来場者が見に来ていたのには少し驚きました。

自分の感想は 特になし です。2時間の駐車料金のサービス範囲内で見て歩くのは忙しくて、映像ものをじっくり見ると何回も出入りしないといけない程のボリュームがあったこと、いつも一人の作家さんだけを集中してみているせいか、あちこちに目が行ってしまい、いつも以上にまとまりが付かなくなったこと。Twitterに寄せられていた感想ほどのことはなかったような気がしたこと・・・ですかね。

旦那と二人で入館してきた女性が2~3歩あるきながら「えーっ・・これって・・難しい系?」とやや大きな声を出したので思わず笑ってしまいました。自分も・・・難しい系でした。

昔はいやじゃなかったんだけど・・・近寄れなくなってしまった。
若かりし頃の思い出の・・・ここで再会するとは
これが一番楽しかった。

うどん作り

「どうしても自分で作って食べたい!」ので近くの道の駅で「農林61号」を 1㎏ 購入した。孫娘が麺類が好きなので食べさせたいというのが表向きの理由だけど、本当はうどんを何時でも、みそ汁がわりに食べられるようにしておきたいのだ。その為に孫娘を理由にしている訳だからけしからん話ww。

Youtubeを見ると簡単に作れる方法が見られるので参考になる。レンチンする映像もあった。自分が作っていた少し前のことを思い出しながら。足の裏で踏むこと。寝かせること。

製麺機も倉庫から出して掃除していると「○○(うどん)屋さんは3日寝せてるらしいよ!」と言われたので、自分もそれに肖ろうと思って前夜から仕込み始めることに。小麦粉500g、塩25g、水225gにして、水まわしを始め丸くまとめて、足踏みを開始した。5回予定しているうちの3回済ませて寝かせて、朝起きてから残りの2回踏み終わった頃には孫娘がやって来た。エプロン持参で張り切って来たので足踏みさせると面白がっている。「食べものを足で踏んで良いの?」などと言うから可愛らしい。

孫娘用に 粉300g 塩15g 水135g を用意して、厚みのあるポリ袋に次々に投入したら袋を100回シャッフルさせる。これがけっこう楽しそうで(笑)、袋から出して丸くまとめてから寝かせること30分。その間に昨夜から仕込んでおいたものをのし棒で伸ばして菜切り包丁で切って、茹でる係に任せて、今度は寝かせておいた孫娘用のうどんを製麺機に通して厚みを整えて細切りをして。

けっこう忙しい!だけど、孫娘は目の前でうどんが出来上がっていく過程を見られて楽しかったようだ。茹で上がった麺をテーブルに並べてお昼にしたら美味しい!と大好評でした。うどんの「こ」には庭に植えてあるネギと胡桃を擦って溶いたもの、天ぷら、鳥の唐揚げを用意してもらった。茹でたほうれん草とかきんぴらごぼうがあると良いので次は忘れずに。

途中で気が付いて撮影する

農林61号は1kg 450円。5人で食べる一回分としてはちょうど良い量だった。経済的にも安く上がるし何よりのコシのある麺を食べられるのが幸せ、孫娘の嬉しそうな顔が見られるのも格別。小正月の良い一日でした。

感謝とともに

マリスヤンソンスが指揮するこのアルバムと同じものをYoutubeで見つけるのに一か月もかかってしまったけど、途中で、新しく耳にする曲が出てきたり、この曲だったのかぁ~という嬉しい発見に繋がったりしたので、結果的にはとても満足している。 気になることは、このアルバムが品薄で、注文にしてもじられないことがあると記されていたこと。2014/01/20録音、彼が70歳の頃で一番輝いていた頃の作品になる。 買うべきかどうするか悩む。

Youtubeの映像を見ていると、彼が師事したカラヤンと似ているような気がする。カラヤンの指揮する映像は実に格好良いし(笑顔はないけど)、映像を通して音楽を聴くことが楽しいことを伝えた(カメラを意識していた)けど、マリスヤンソンスの指揮にも豊かな表情と身振り手振りの大きな動きがあって、視聴者に指揮を見せて楽しませていると言ったら良いのかな。おかげ様で随分たくさんの雄姿・相貌・表情を見させていただいた。でも、残念なことに、このところ流れている画像は年齢を感じさせるもの、表情にも動作にも翳りが見られるようなものがあって、或いは静止画になって、見るのもつらく感じるようになったので・・・。

交響曲をじっくりと聞くのは時間がかかるし体力も必要なので、ひと休みしたい・・かな。特に彼が得意としていたショスタコーヴィッチの交響曲の大迫力(笑)  これはこれで素晴らしいけれど、ブラームスの6つのピアノ小品op.118 第2曲 間奏曲 イ長調のような曲や小編成で演奏する曲を聴き続けていけたら良いのかな。きっとまた大音量で交響曲を聴く時は彼の指揮を選ぶと思うけど、ちょっとお休みにして。

今日は生きていたら77歳の誕生日。R.I.P. MARISS JANSONS

近くの偉人

労農 船津傳次平 群馬県人なら知らない人はいない 上毛かるた の「 ろ 」の読み札。当時は「 ろうのう ふなつでんじべい 」の言葉のリズムで覚えてしまったけど、どういう方なのか何処にお住まいなのか余り興味がなかった。この地に住むことになって、散歩に歩く道中に墓所があると分かったので訪ねることにした。陽射しがあるものの吹き付ける風は冷たい。石碑のあるところまでは2800歩で到着。石碑が立っているけれど墓石らしいものは見当たらない。えーと。見た地図にはあったのに・・・。帰宅後に調べてみたら、地図左に記載された阿弥陀座像の墓所にあるとのこと。出直しですね。

翌日、また同じコースを歩いても面白くないので少し変えてみたら、初めて歩く道でも途中から見たことのある風景に結び付いて、点と点とが繋がっていく感じが面白い。このあたり一帯が群馬県庁や前橋市内が一望できる高台にある。墓所は船津家の名前ばかりが並んでいた。

船津傳次平 明治期の代表的な労農。上野(こうずけ)国の人。和算暦術に長じ、伝統農法の改良を推進。のち駒場農学校教師、西ヶ原農事試験場技師となり、米作養蚕中心の日本的農学の基礎を築き、和洋両技術を融合した混合農事を創始。著書「稲作小言」等。(百科事典マイペディアからの引用。)

帰路は一気に下りる道を選択したら上部国道にぶつかった。榛名山方面に遮るものがない田圃の中を歩く。星空が撮れそうだ。6907歩。

次の一歩

2020アシストパートナーの手続きが始まりました。1月9日に振込みを済ませたシーズンシートの手続きとは別の封書で送付するところが丁寧ですね。こちらも振込み完了です。

高澤の移籍は残念でしたが、新しい布陣で迎えるJ2初年度には大いに期待しています。

ガス化完了

年末年始には間に合わせようと業者さんに奮闘してもらい、レンジフードが新しく取り付けられ、お風呂場の給湯器が ECO ONE に変わりました。

レンジフードの取付け位置がかなり高くなっても十分な排気ができること、ガスを点火すると手元が明るくなり自動的に換気扇が回り出すこと、掃除回数が大幅に減少するというから凄い。

風呂の給湯機の音声ガイダンスが前よりも丁寧なので新鮮(笑)だけど、各種設定をまとめた取扱説明書がA4冊子 200頁もあるので気が重くなる。wifi環境を利用して自分のスマホ画面から遠隔操作ができるので、スキー場からの帰りにスイッチを入れると帰宅してすぐに風呂に入れるのは歓迎できるかな。

温水ヒーターの温かさは期待以上で部屋がすぐに温まる。排気口の先に伸縮式パイプを付けて炬燵に引き込んだら、電気なしでも温かくて快適。石油式FFヒーター(20年使用)もいつか壊れるだろうからと温水ヒーター(大)を追加したために工期が伸びていたけど、1月10日昼過ぎに全て完了となった。

家族が集まる年末年始とお盆休みがたぶん消費量の最大値を示す筈で、どのくらいの数値になるのか楽しみである。聞くところによると、それらの数値をAIが記憶してまとめて、使い方まで助言するそうだ。太陽光発電で出来た電気を使うハイブリッド設定も簡単に設定できるらしいが、これからの楽しみに。